スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らんちゅうの治療(6日目)

以前紹介しました、病気のらんちゅう(「でこちゃん」)に変化がでました!


(4月29日の記事より)

そもそもの病状ですが、まずは尾ぐされです。

さらに、背中から尾筒にかけてのうろこがただれたように、荒れているという、自分にとっては見たこともない症状でした。
(まだ金魚歴半年なので、たいていのことは初体験なのですが💦)


(写真が不鮮明ですが、分かりますでしょうか?)

先週火曜日に帰宅して水槽をのぞくと、力なく水面にうかんだ「でこちゃん」が、他の金魚につつき回されているというショッキングな光景を目撃しました。

水流に身を任せて漂う姿に、正直、最悪の事態も覚悟しましたが、とりあえず、急いでプラケに隔離し、その夜のうちに0.5%の塩水浴を開始。

翌水曜日の朝に、とりあえず尾ぐされ対策に、グリーンFゴールド顆粒を規定量くわえて、薬浴+塩水浴にしました。


(薬浴中は、塩の濃度を低めにする人もいるようです。0.5%のままでしたが、よかったんでしょうか?)



また、うろこのただれは、細菌性のものか、周りの金魚に突かれた傷なのか、はたまた恐怖の「松かさ病」の初期症状なのか、まったく分かりませんでした。(どなたか教えてください!!!)

ただ、もともと、ここ数か月くらい、浮き症状がでていて(さらに言えば、昨年12月に我が家に来て以来、糞が白かったり、気泡が混じっていたり、消化不良が続いていました。人間でいえば、ずっと下痢だったということですよね。可哀想…)、消化器の細菌感染もあり得ると思い、松かさ予防もかねて、観パラDを浸した薬餌を与えることにしました。


(じゃーん。何か、効きそうなイメージ。けっこうお高いですね。。)


(薬餌作成中。餌は、いつも使っている「らんちゅう貴族・成魚用」です。)

木曜に、薬餌を一日2粒から開始。

結構、元気そうに泳いで、餌探しを始めたので、少しづつ量を増やして、昨日(日曜日)には、2粒を1日2回あげました。

そして、今日、帰宅して見てみると・・・



尾と、うろこが、黒くなってる!!


(うろこの一部が、かさぶたみたいに黒くなっているのが、分かりますか~)

一瞬、焦りましたが、確か、ネット情報によると、尾ぐされの治りはじめは黒くなる、と書いてあったのを思い出し、動きも元気そうだし、きっと、これは治りはじめたのだ! と信じることにしました。

うろこも、治りかけは黒くなるのか? 人間であるまいし、かさぶたができるのか? 疑問は尽きませんが、なにぶん、すべてが初体験です。。。



さて、ここで問題が。。 明日から、4日間の出張!

当初は、薬浴が6日目になるので、いったん薬は抜いて塩水浴だけにして、家族に管理をまかせようかと思ったのですが、今日の治りかけ(の筈)の様子を見て、効果が出ているようですし、念押しして、もう少し薬浴を継続することにしました。

あまり長いと、金魚も疲弊すると思いますが、もう4日間なら、大丈夫だよね。

ね・・・?



と、ということで、同じ濃度のグリーンFゴールド顆粒と塩を入れた水で6割換水をしました。

あ、薬餌は5日間投与したので、腸内の殺菌はできたかなと思い、出張中は、ミラクルバクテ茶漬けにした餌を1日2粒、家族にやってもらうことにします。


(美しい姿を、ふたたび!)

病気のときは、治療とあわせて、そもそも病気になった原因を突き止めて改善しないと、また病気になってしまう、と、これもネット情報で学びました。その考察は、また今度・・・

金曜日に帰ってくるときが、ドキドキです・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。